夏のスキンケア

夏は紫外線が強くなり、肌が日焼けしたり、クーラーの風で肌が乾燥したり、夏バテや寝苦しさによる寝不足などで肌トラブルを起こしやすくなります。

このような状況からお肌を守る、夏のスキンケアについて考えてみます。
紫外線対策には、日焼け止めクリームなどが効果的です。
日焼け止めを選ぶ時には、SPFの表示を見てみましょう。

日焼けして肌が赤くなり始める時間を、日焼け止めを塗ることによって何倍延ばすことができるかを表しているのがSPFです。
SPFが示されていない日焼け止めは、紫外線を防ぐ効果があまりないものもあるので気をつけましょう。

また、PAの表示がある日焼け止めもあります。
日焼けで肌が黒くなるのをどのくらい防止できるかを示しているのがPAです。
PA+が効果がある、PA++が効果がかなりある、PA+++が効果が非常にある、というふうになっています。数字が大きくなると、効果も高くなります。
夏のスキンケアには、日焼け止めクリームなどを利用するほか、栄養と休息をしっかり取ることも大切です。

栄養は、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEを特に摂ると良いです。
夏はエアコンの風に当たる時間が長くなります。そのことで、肌が乾燥してカサカサになってしまうことがあります。また、皮膚が冷えて血行が悪くなると、くすみの原因となります。
エアコンに長時間あたってしまうような時は、ローションなどで定期的に水分・油分を肌に補給しましょう。

コメントをどうぞ

南アフリカランドFX業者ランキング