肌を白くする方法

肌を白くするには、外側から美白化粧品を利用しての美白ケアと、食事を改善して内側から働きかける方法があります。

美白化粧品には、メラニンの生成を抑制する効果がある美白成分が含まれています。
美白成分の代表的なものは、ビタミンC誘導体という強い抗酸化作用で肌の老化を防ぐものや、アルブチンというメラニンが生成されるのを防ぐものや、リノール酸という強い美白効果を持つものなどがあります。

美白成分は、ニキビの跡が変化してできたシミや、肝斑には効果がありますが、紫外線が原因でできたはっきり見えるシミには効果がありません。ですので、日ごろからシミができないよう紫外線対策をするとともに、美白対策をすることが大切です。
ビタミンC誘導体入りの美容液は、シミ・しわ・毛穴に効果があるので、顔全体に毎日つけると肌を白くする効果が高まります。
食事の改善についてですが、肌が乾燥に強くなるようにする食品や抗酸化作用が高く、肌の老化を防ぐ効果のある食品を摂取しましょう。

ビタミンAは、肌の乾燥を防ぐ効果があります。
ビタミンAが多く含まれている食品は、緑黄色野菜、レバー、卵黄、牛乳などです。

ビタミンCは、抗酸化作用が高く、コラーゲンの生成を促進する働きがあります。
ビタミンCが多く含まれている食品は、キャベツ、ブロッコリー、ビーマン、イチゴ、レモンなどです。

ビタミンEは、ビタミンCと一緒に摂ると肌を白くする効果が上がります。
ビタミンEが多く含まれている食品は、緑黄色野菜、アーモンドなどです。

また、肌を白くする食品として、トマトが有効だと言われています。

タグ: ,

コメントをどうぞ

南アフリカランドFX業者ランキング