‘2012/09’ カテゴリーのアーカイブ

乾燥肌に良い食べ物

2012/09/30

乾燥肌はスキンケアだけでなく、食べ物などで体の中から改善することもできます。
肌のツヤやうるおいを保つビタミンA、皮膚の新陳代謝を活性化し、はりと弾力性を与えるビタミンB2、B6、肌の乾燥予防に必要なコラーゲンの生成を助けるビタミンC、血液の循環を良くし、肌にうるおいを与えるビタミンEをバランスよく摂取していきましょう。
乾燥肌に良い食べ物は冬の野菜が多く挙げられます。
冬の野菜は体を温めるものが多く、乾燥肌に良いベーターカロチンやビタミンCなどが豊富に含まれています。
野菜類の他には納豆など大豆を多く摂取することをオススメします。
大豆はビタミンB2やビタミンEが豊富で、さらに良質のたんぱく質を多く含み、お肌をしっとりと保湿する効果があります。
乾燥肌対策は血行を良くすることでも改善されるので、生姜湯で体を温めて血行をよくし、1日2リットル程度の水分を摂取して行きしょう。

秋のスキンケア

2012/09/27

秋は一年の中でとても過ごしやすい季節ですよね。真夏の紫外線でダメージを受けた肌はとても敏感になっています。
そんな肌は秋のうちにケアして冬に備えておきましょう。
夏の暑い時期に肌は寝ている間にも皮脂を分泌しているので朝起きるとべたついた状態でした。
ですが秋になると涼しくなるので今までのような洗顔では肌にますますダメージを与えてしまうだけです。
肌になじむようなしっとりしたものに変えていくなど対策をするとよいでしょう。
また乾燥しがちな季節なら化粧水はたっぷりと。
洗顔した後は特に乾燥が激しいので水分補給させてあげると肌にうるおいが保たれます。
夏の刺激を受けた後の肌は秋ごろになると表に出てきて肌を暗く見せてしまいます。
洗顔一つ、化粧水一つでも変えてみると肌は明るさを取り戻しそして冬に向けての対策にもなりますよね。
秋のスキンケアは保湿を重点的に行い、冬の水分不足に備えておくと肌トラブルも少なくなりますよ。

2012/09/23

敏感肌に悩んでいる女性はたくさんいらっしゃるかと思います。
そもそも敏感肌とは、普通の人には何でもない物質や刺激に対して、過敏に反応してしまう肌トラブルを起こしやすい肌のことです。
実は医学的に「敏感肌」という定義はなく、ストレスや不規則な生活、季節の変わり目などで、外から少しでも乾燥や紫外線、また花粉やダニなどのアレルゲン(アレルギーの素)による刺激があると、正常にバリア機能が働かなくなるとのこと。
また、季節の変わり目になるとこのような症状に悩まされる方も多いのではないでしょうか。
敏感肌ですと、化粧品をつける際にピリピリして痛くなったり赤くなったりします。
敏感肌を少しでも和らげるには、洗顔料、化粧水、乳液などは何事も低刺激のものを選ぶと良いでしょう。
お風呂の際にはシャンプーやコンディショナーが顔に残っていたら要注意です。
顔のヌルヌルが完全に取れるまでしっかりと洗い流しましょう。
お風呂上がりは低刺激のスキンケアでとにかく保湿を徹底的に行ってください。
そして、埃やダニなども敏感肌の原因ですので、部屋の掃除はこまめに行うことが大切です。

南アフリカランドFX業者ランキング