‘スキンケア’ タグのついている投稿

2012/09/23

敏感肌に悩んでいる女性はたくさんいらっしゃるかと思います。
そもそも敏感肌とは、普通の人には何でもない物質や刺激に対して、過敏に反応してしまう肌トラブルを起こしやすい肌のことです。
実は医学的に「敏感肌」という定義はなく、ストレスや不規則な生活、季節の変わり目などで、外から少しでも乾燥や紫外線、また花粉やダニなどのアレルゲン(アレルギーの素)による刺激があると、正常にバリア機能が働かなくなるとのこと。
また、季節の変わり目になるとこのような症状に悩まされる方も多いのではないでしょうか。
敏感肌ですと、化粧品をつける際にピリピリして痛くなったり赤くなったりします。
敏感肌を少しでも和らげるには、洗顔料、化粧水、乳液などは何事も低刺激のものを選ぶと良いでしょう。
お風呂の際にはシャンプーやコンディショナーが顔に残っていたら要注意です。
顔のヌルヌルが完全に取れるまでしっかりと洗い流しましょう。
お風呂上がりは低刺激のスキンケアでとにかく保湿を徹底的に行ってください。
そして、埃やダニなども敏感肌の原因ですので、部屋の掃除はこまめに行うことが大切です。

機能性化粧品は自分の肌に合ったものを

2012/09/15

スキンケアには必需品の化粧品ですが、肌の状態は人によって違うので、自分の肌に合ったものを選びましょう。
最近、よく耳にする機能性化粧品ですが、自分の肌に効果のあるものを選びましょう。
機能性化粧品は、美白やアンチエイジングなど、特定の効果が期待できる化粧品です。
ただ、自分の肌に必要なものでない場合、逆効果になることもあるので注意しましょう。
20代の人が、30代や40代から始めましょう、のようなアンチエイジングの化粧品をプラスするのはあまりおすすめできません。
それよりも、基本のスキンケアで保湿効果を持った化粧水などをたくさん使ったほうが、肌を美しく保てます。
同じ効果を目的とした化粧品でも、それぞれ少しずつ違った効果を持つことがあります。
例えば、美白化粧水の場合、できてしまったシミを目立たなくする、メラニンを抑える、などあります。
また、同じ美

化粧水でも、脂っぽい肌だったり乾燥肌によって、選ぶ条件が変わります。
さらに、同じメーカーの化粧品を使用しても、人それぞれ効果の出方も違います。
機能性化粧品を選ぶ時は、自分の肌質を確認して、自分の肌に合った効果が期待できる化粧品を選ぶようにしましょう。
購入前には、使用感や効果をしっかり確認するとよいですね。

子育てママもスキンケアを

2012/09/12

結婚して子供が産まれると、子供のお世話や家の事でいっぱいいっぱいになって、自分のことなんて後回し…なんてことになってしまいますね。
ただ、そうしてある程度子供が大きくなって手があまりかからなくなり、自分の時間が増えてきた時に、改めて鏡で自分を見て「老けてるわぁ…」と思ってしまうかも…。
後悔しないよう、忙しい中でもちょっとしたお手入れを加えて、きれいを持続させましょう。
お母さんがきれいだと、子供だってうれしいはず!
子育てや毎日の家事は思いのほか重労働です。
毎日忙しくしていると、汗もかきやすくなるので、お肌の皮脂を抑えることが大切になってきます。
脂っぽい…と思ったら、ぬるま湯で簡単に洗顔したり、顔をティッシュなどやさしく押さえたりして、余分な皮脂をやさしく取り除くように心がけましょう。
ここで気をつけたいのが、何度も洗顔したり、ゴシゴシと洗ってしまうことです。
これは必要な角質まで落としてしまうことになるので注意しましょう。
子供が小さいうちは、公園に行ったりお散歩したりと、外出することが多いでしょうが、外出の際にはしっかりと日焼け対策をしましょう。
紫外線を浴びすぎてしまうと、様々な肌トラブルの原因となってしまいます。
また、外出の前にコットンに収れん化粧水を含ませて肌をパッティングすると、汗を抑える効果があります。

南アフリカランドFX業者ランキング