‘敏感肌’ タグのついている投稿

2012/09/23

敏感肌に悩んでいる女性はたくさんいらっしゃるかと思います。
そもそも敏感肌とは、普通の人には何でもない物質や刺激に対して、過敏に反応してしまう肌トラブルを起こしやすい肌のことです。
実は医学的に「敏感肌」という定義はなく、ストレスや不規則な生活、季節の変わり目などで、外から少しでも乾燥や紫外線、また花粉やダニなどのアレルゲン(アレルギーの素)による刺激があると、正常にバリア機能が働かなくなるとのこと。
また、季節の変わり目になるとこのような症状に悩まされる方も多いのではないでしょうか。
敏感肌ですと、化粧品をつける際にピリピリして痛くなったり赤くなったりします。
敏感肌を少しでも和らげるには、洗顔料、化粧水、乳液などは何事も低刺激のものを選ぶと良いでしょう。
お風呂の際にはシャンプーやコンディショナーが顔に残っていたら要注意です。
顔のヌルヌルが完全に取れるまでしっかりと洗い流しましょう。
お風呂上がりは低刺激のスキンケアでとにかく保湿を徹底的に行ってください。
そして、埃やダニなども敏感肌の原因ですので、部屋の掃除はこまめに行うことが大切です。

敏感肌のスキンケア

2012/08/14

敏感肌は、肌が乾燥しやすくなったり、肌荒れを起こしやすくなったり、ニキビができやすくなったり、ほこりや髪の毛などでかゆくなったり、化粧水がしみる、特定の成分にかぶれてしまうなど、いつもは反応しない物や刺激に異常に反応して、乾燥、かぶれ、かゆみ、赤み、炎症などを起こしやすい状態の肌です。

正常な肌は、外から受けるいろいろな刺激から肌を守り、肌の水分を保つためのバリア機能を持っています。

そのバリア機能が弱まることで、肌の水分が失われ、肌が乾燥します。また、外からの刺激を受けやすくなるため、敏感肌になってしまいます。
敏感肌のようなデリケートな状態になってしまったら、スキンケアにも気をつけましょう。
洗顔は、汚れをしっかり取り除き、肌に必要な水分は残すようにしましょう。
洗顔に使う洗顔料も大切になります。

洗顔料は、洗浄力が強過ぎない、弱酸性、無香料、無着色など刺激成分を含まないものを使いましょう。

洗顔する時は、ぬるま湯とたっぷりの泡を使って行います。
洗顔料をよく泡立てて、泡で汚れを落とすように洗います。
指でゴシゴシこすらないで、優しく洗います。
肌に洗顔料が残らないように、ぬるま湯でよく洗い流しましょう。

洗顔後は、肌はとてもデリケートな状態なので、柔らかい素材のタオルを使って、肌に軽くあてて水気を取ります。
その後、すぐに化粧水をつけて水分を補給しましょう。

南アフリカランドFX業者ランキング